生活に張りが出て健康にもなります

リフォームで節税出来る税金について

具体的にリフォームで節税と言うのはよく分からない人も多いのではないかと思います。
なので、ここで簡単ですがまとめて見ました。
特に、世代別で見て見ると子世代がリフォームをして節税対策をしている事が多い傾向があるそうです。
リフォームで受ける事が出来る節税の代表は、「固定資産税」です。

省エネ対策としてリフォームをすると固定資産税が減額になるそうです。
それから耐震リフォームをしても対象となり数年間は減額になります。
リフォームをすると必ず市に申請書を提出しないといけないようなので、申請した内容によって減額の年数も違ってくるみたいです。
リフォームを検討している人がいるのであれば一度市役所に問い合わせをして見ると良いかもしれません。

所得税の控除にもなります

要件に合うリフォームをする事により前の記事でも紹介したように固定資産税の減額にもなります。
ですが、所得税の控除もリフォームをする事により受ける事が可能になるのです。
まだまだ働き盛りの子世代にとって税金はとても大きな出費でもあると思います。
少しでも節約するにはリフォームをしてその対象となり恩恵を受ける事も良い方法です。

ですが、所得税の控除には給料面も大きく関係してきますし、働ている年数も確実に聞かれるそうです。
子世代でまだ年齢が若い家庭だともしかしたらリフォーム自体が難しい可能性もあるかもしれません。
ローンを組む年数や支払い方法によっては節税対策が出来ない場合もあると思うので注意して見る事が大切だと思います。


このPostをシェアする