親世代でのリフォームして良かった事について

孫の成長を近くで見守る事が可能になります

安心して預ける事が出来る

今では子世代では夫婦共働きの家庭が当たり前のように多くなりました。
その為、子供が小さくても働きに出ているママは沢山います。
働きに出る事は良いのですが、そうなると子供の保育問題に直面すると思います。

ある家庭では、働きに出たい事もありかねてから親世代との二世帯住宅を構えようかと検討していたようです。
ですが、中々土地も見つかりにくく値段もかなりの高額になる為、とりあえず自分の家だけをリフォームして子供や親世代が快適に過ごせるようにリフォームしたそうです。
通常であれば、親世代の家に行って子供を預けていくのが普通なのかもしれませんが、それだと前の記事でも紹介したように怪我に繋がりるので仕事がある時や、保育施設が満員の時に親に来てもらうようにしました。

保育代の節約にもなります

市や県からの認定を受けている保育施設に子供を入れる事は都会では容易な事ではありません。
子供の妊娠期から出産後に働きたいと思うのであれば動いていないと難しいようです。
ですが、近年になって保育問題がクローズアップされている事もあり、年間の保育料の事を考えると保育施設に毎日子供を預けるよりもリフォームした親世代の家に子供を数時間だけ預けて面倒を見て貰う方がコスト削減に繋がるそうです。

親の体力の問題もあるので両方で話し合いをして数日のみや保育施設が満員の時にだけ頼む子世代も多くなりました。
保育代の節約にもなるので、面倒を見ている親にいくらかは恩返しが出来ますし、貯金をして自分達の家もリフォームまたは住み替えが出来るかもしれません。


このPostをシェアする